40代の肌に合うプチプラコスメ(化粧水)

MENU

40代になってから市販の化粧水だと効果が感じられない

効果ない?

30代中盤くらいから40代というのは、多くの女性が経験するお肌の曲がり角であると言われていますね。


実際、40代前後になると今使っているコスメなどの効果を感じられなくなってきたり、肌に合わないと感じる方がとても多いのです。


特に目立つのが化粧水を付けても肌がつっぱるという悩みですね。


今まではドラッグストアなどに売っているプチプラ化粧水で十分だったのに、どうも最近は洗顔後にたっぷり塗っても肌が乾燥してしまうというわけです。


でも家計のことを考えると、スキンケア代として1ヶ月に何万円も使いたくないから、できるだ安く抑えたい、できれば1000円程度で抑えたいというのが本音でしょう。


実際、安くていい化粧水ってなかなかないですよね。


安いと思っても、最初のお試し品だけお得な価格で、いざ本商品を買おうとすると5000円以上するなんてこと普通です。


そこで、40代の肌の悩みをケアしてくれるプチプラ化粧水の選び方について紹介していきましょう。


40代の肌の悩みの基本は乾燥

水分不足

40代の女性の肌の悩みとしては、しわやシミ、はりやくすみなどたくさんありますが、中でも多くの人が悩まされるのが「乾燥肌」だと思います。


30代から40代にかけて乾燥肌に悩むのは、実はとっても自然なことなのです。


では、どうして乾燥肌になってしまうのでしょうか?


適切なコスメを選ぶためにも、肌が乾燥する理由を知って正しく対策する必要があります。


そのため、乾燥肌になりやすい理由を紹介しましょう。


ホルモンの影響

ホルモンバランスの乱れ

そして1つ目の理由は「女性ホルモンと卵巣機能の低下」です。


女性ホルモンの分泌や卵巣の働きは、30代後半から減りはじめ、40代になると急激に低下すると言われています。


そしてこの低下に伴って、皮脂量の分泌も低下していきます。


あるデータでは、皮脂量は30代がピークだと証言されているので、ホルモン分泌量と皮脂量の関係性は、理に適っていると思います。


ホルモンバランスの乱れの症状の1つである、肌の乾燥に、追い打ちをかけるように皮脂量も減少することで、ますます乾燥肌を実感してしまうのです。


「肌年齢は卵巣年齢」という言葉もあるように、卵巣を若く保ち、老化を送らせ、できるだけ多くの女性ホルモンをキープすることが、乾燥肌を防ぐ第一歩なのです。


そのためには、規則正しい生活と適度な運動、血行促進などが大切です。


水分量の低下

潤い

2つ目の理由は「体内の水分量が低下するから」です。


肌の水分量は、赤ちゃんをピークとし、年を追うごとに減っていきます。


したがって乾燥肌に悩む40代はとても多いのです。実際に肌の水分量を測ってみると、健康的な肌の方が40%から50%なのに比べて、乾燥肌の方の肌は10%前後だと言われています。


つまり、乾燥肌を実感した頃には、すでに角質層水分量にこれだけ大きな違いが出ているのです。


肌の水分量を上げるためには、水分蒸発を防ぐことのできる油分の高い化粧品を選ぶことが大切です。


しかし、いきなり油分の高い化粧品を使用すると、肌が驚いてしまう場合もあるため、初めは肌に優しいオーガニックの化粧品を使ってみるのをお勧めします。


水分を保持する力の低下

水分を維持できない

3つ目の理由は「古い角質層が残りやすくなるために水分を保持する力が落ちてしまうから」です。


肌は、古い角質を剥がし新しい肌を作り出す、ターンオーバーを周期的に繰り返しています。


このターンオーバーにかかる日数は、10代で20日ほど、20代で28日ほど、そして40代で50日ほどかかると言われており、年を追うごとに時間がかかることが分かります。


そのため「肌荒れや傷口がなかなか治らない…」と悩むのも納得です。


40代になると細胞の新陳代謝が落ちて古くなった角質が蓄積されやすくなります。


古くなった角質層は、肌の内部にある水分を保持するために必要なセラミドという油分が少なくなるため、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。


若い頃に睡眠不足などで一時的にターンオーバーが乱れているなら、生活習慣の改善なども効果が期待できますが、加齢が原因の場合は、睡眠をしっかりと取るだけでは十分ではありません。


もちろん生活習慣や食事の管理は当たり前のこととして実施するべきなのですが、やはり不足している成分をスキンケアによって補うことが大事になってくるのです。


以上の理由のように、40代になると加齢によってどうしても機能が衰えてしまう部分がでてくるため、肌が乾燥しやすくなるのも仕方がないのですが、乾燥を防ぐためには不足しているセラミドなどの成分をスキンケアによって補ってあげることが必要なんです。



40代の女性におすすめのプチプラ化粧水は?

どんな化粧水がいい?

ここまで説明してきたように、40代の女性に多いのは乾燥肌で、必要なケアとしては水分を保持するために必要なセラミドを補ってあげることなんです。


では、このような肌にあったプチプラ化粧水なんてあるのでしょうか?


そこで、意外と知られていないけど実はリーズナブルで高い効果が期待できるのがオールインワンゲルなんです。


まず、効果も重要ですが何よりもプチプラであることが大事ですよね。


では、プチプラってどのくらいの価格を言うのかというと、個人差はあると思いますが、私の中では化粧水や乳液など全部合わせて月2000〜3000円です。


化粧水だけで2000円使えるならいろんな選択肢がありますが、セラミドが配合されているものはほとんど美容液ですし、さらに乳液なども合わせて2000〜3000円となると、化粧水に使えるお金は1000円以下になってしまいますよね。


そうするとなかなかいいものが選べません。


しかし、オールインワンゲルなら化粧水だけじゃなく乳液や美容液の役割もしてくれて、1ヶ月あたり3000円以下で済むものがたくさんあります。


そのため、40代の肌の悩みを解決するプチプラコスメならばオールインワンゲルがピッタリだと思います。


40代になって肌の乾燥に悩んでいるけど、高価なものは買いたくないという方はオールインワンゲルを使ってみるといいと思います。


40代の方におすすめのオールインワン化粧品

 

トリニティーライン

商品の特徴

大正製薬グループのドクタープログラムが開発したオールインワンジェルで、8年連続モンドセレクション金賞受賞、400万個に迫る販売実績と長期間に渡って多くの方に愛用されています。

セラミドを豊富に配合することはもちろん、水分の多い化粧水とは違って約95%が美容成分であるため、使った翌朝から効果を実感できると評判です。

定期コースなら初回50%OFFでいつでも解約OKなので、まず1ヵ月分だけ試してみたいという方も安心してお得に試すことができます。

価格 初回1,900円+税(約1ヵ月分)
評価 評価5
送料 無料
注目ポイント
  • 大正製薬グループが開発
  • 8年連続モンドセレクション金賞受賞
  • 約400万個の販売実績
  • 約95%が美容成分
  • 初回50%OFF
 
 

メディプラスゲル

商品の特徴

敏感肌に悩む方が自ら開発に携わり、シンプルなケアで擦らずに保湿をすることをコンセプトとしたこちらのメディプラスゲルも有名女性誌などに多数紹介された定番コスメです。

高濃度セラミドやプラセンタ、ビタミンCなど66種類の美容成分に加え、ベースとなる水分には美肌の湯として知られる出雲玉造温泉水を使用しています。

価格は2ヵ月分の大容量で初回1,000円OFFの2,996円(1ヵ月あたり1,500円以下)、さらに30日間の返金保証付き、というコスパの良さも人気の理由です

価格 初回2,996円(約2カ月分)
評価 評価4
送料 無料
注目ポイント
  • 3年連続モンドセレクション金賞受賞
  • 有名女性誌に多数掲載
  • 66種類の美容成分
  • 初回1,000円OFF
  • 30日間の全額返金保証付き
 
 

シュセラモイストゲル

商品の特徴

シュセラのモイストゲルは、人間の肌に含まれているセラミドと同じ構造を持つヒト型セラミドをふんだんに使っている点が最大の特徴でしょう。

また、年齢とともに不足しがちなコラーゲンやヒアルロン酸を配合しており、実際に使った方から手間が減ったのにしっとり肌が持続するようになったと評判です。

定価は少し高めですが、定期コースなら初回は53%OFFで試すことができる(もちろんいつでも解約OK)ので、まずは1ヵ月効果を実感してみてください。

価格 初回1,990円(約1ヵ月分)
評価 評価3
送料 無料
注目ポイント
  • ヒト型セラミド配合
  • 年齢とともに不足しがちな成分をしっかりと補給
  • 定期コースなら初回53%OFF、いつでも休止OK