更年期の肌荒れの原因と対策

MENU

更年期に突然肌荒れが目立つように・・・

更年期と呼ばれる50歳前後の年齢になると、女性の多くが肌トラブルを起こしやすくなってきます。


その中でも特に目立つのが肌荒れではないでしょうか?


今までと同じようにケアをしているのに、赤みを帯びてきたり、かゆみやぶつぶつなどが出たりしてしまうのです。


どうしてこのような肌になってしまったのでしょうか?


その理由は更年期の女性特有のホルモンバランスが関係しているのです。


では、ホルモンバランスと肌あれの関係や、どのように対策をするべきかといったところを説明していきましょう。

更年期に肌荒れが起こる原因

更年期の特徴である肌荒れは、年齢による女性のホルモンの分泌量と大きく関係しています。


良く知られていることですが女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類のホルモンが存在します。


この2つのホルモンが生理前後で交互に分泌することで、赤ちゃんを作るために必要な準備を整えているのです。


生理前になるとニキビができるという経験をしたことがある方も多いと思いますが、女性の肌はこの2つのホルモンの影響を受けやすいのです。


では、ホルモンバランスが崩れるというのはどんな状態か、それによってどうして肌が荒れるのかを見ていきましょう。


加齢によってホルモンバランスが崩れるのはなぜ?

まずホルモンバランスが崩れるということのイメージをつかみましょう。


先ほども言ったように、女性ホルモンは2種類あります。


このうちエストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、女性らしい発育を司るホルモンです。


このエストロゲンは8〜9歳頃から分泌が始まり、年齢と共に増加をたどりますが、30歳頃に頭打ちとなり、その後徐々に減少していきます。


そして、40歳を越えたあたりから卵巣機能が低下するため、エストロゲンの分泌量は著しく低下します。


この低下は50歳頃に起こる閉経まで続きます。


2種類あるホルモンのうち女性らしさを作っているエストロゲンが減っていくと、もう一方のプロゲステロンの影響が相対的に大きくなっていきます。


これを「ホルモンバランスが崩れた」と言っているのです。


どうして肌が荒れるのか?

では、ホルモンバランスが崩れるとどうして肌荒れを起こしやすくなるのでしょうか?


それは、2つのホルモンの働きの違いあるからなのです。


先ほどエストロゲンは女性らしい体を作るためと言いましたが、具体的にいうとみずみずしい肌やふっくらとした脂肪などをまとった体になりやすいのです。


女性はエストロゲンによって男性より柔らかくてきめの細かい肌質になりやすいのです。


しかし、加齢とともにエストロゲンが減少してくると、肌の水分やコラーゲンなども減少していきます。


水分を失った肌はバリアとしての機能が弱くなるために、それまでなんともなかった刺激などでもトラブルを起こすようになってしまうのです。


またエストロゲンの減少により、もう一方のプロゲステロンの影響が強くなってきます。


プロゲステロンは、妊娠するために必要な卵を作るためのホルモンですが、同時に皮脂の分泌を促進したりする作用もあるため、バリア機能が弱くなった状態で皮脂が増えたりしてよりトラブルを助長してしまうのです。

更年期の肌荒れに必要な対策

加齢とともにホルモンバランスが崩れやすくなるのは防ぎようがありません。


そのため、すでに肌荒れが起きてしまった時にどのように対処すべきかというところ知っておいて欲しいと思います。


基本的には女性ホルモンの減少によって肌のバリア機能が衰えていることが原因になるため、


  • 刺激を避けること
  • 保湿をすること

が大切になってきます。


基本的には「化粧水がしみる時の原因と簡単にできる対策」という記事でお話しした通りで、敏感肌の場合と同じ対策が必要になってくるわけです。


詳しい内容は上記の記事を参照して頂ければと思いますが、バリア機能の低下によって肌荒れが起きている時は「やめること」が大切です。


肌トラブルが起きると何かが不足しているからいろんなコスメを使ったりしてしまいがちなのですが、そいういった化粧品自体が刺激になっていることも多々あるので、まずは最低限のケアをすることを実施してみて下さい。